ネット証券口座開設
ネット証券取引をはじめよう!当サイトではネット証券会社の口座開設、資料請求が無料でできます

ネット証券会社一覧

MENU

今月のお薦めネット証券会社

1日の約定代金30万円まで手数料無料!岩井証券

証券CFDオンライン口座開設

株式、株価指数の証拠金取引。レバレッジ運用も可能!

CFDオンライン口座開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット証券会社一覧

信用取引で大きな利益

信用取引とは?
株を始めた人が最初に行う取引は「現物取引」です。現物取引は現金で株を売買する方法です。 一方、一定の保証金を証券会社に差し入れれば、自分の手持ち資金以上の株を買えたり、持っていない株を売ったりできる制度があります。これを信用取引といいます。

信用口座を開設すると、通常、口座に入れた資金の3.3倍の取引ができるようになります。つまり100万円の現金を口座に入れれば、330万円までの取引ができるというわけです。

売りから入ることも可能
「空売り」ができるのも特徴のひとつです。証券会社から株を借りてきて売り、株価が下がった時に買い戻せば、その差額が利益になるという手法です。 現物取引では株価が上がった時にしか利益を得ることはできませんが、信用で空売りすれば、株価が下がった時にも利益を得ることができます。

空売りで注意しなければならないのは、損する可能性が無限大にあるという点です。 例えば50万円の株を「買い」で取引をしている場合、最悪その株価が0円にまで値下がりしても損失は50万円で済みます。 しかし「売り」から入っている場合、その株が値上がりする限り、損失が無限大に膨らむことになります。「利益は限定的、損失は無限大」が空売りの気をつけなければいけないところです。

利益も大きいがリスクも大きい
信用取引で注意する点はほかにもあります。 証券会社から借金をしていることになるので、株を買い建て(売り建て)ている間に金利がかかります。また、信用取引には期日があるため、買い(売り)建てた株は、通常6ヶ月の間に売却(買い戻し)する必要があります。

儲ける利益も大きいですが、リスクも大きい信用取引。リスクを理解して上手に使えば非常に便利な制度です。


信用取引でおすすめの証券会社はこちら▼
イートレード証券の信用取引
(制度信用取引、一般信用取引共に業界最低水準の手数料設定。株式委託手数料大幅引き下げ実施済み!)

松井証券の信用取引
(国内で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始し、「定額制手数料体系ボックスレート」、「預株(よかぶ)」、「無期限信用取引」、「夜市(よいち)」など、業界初のサービスを次々と開始。ネット証券での信用取引では、先駆的な会社で様々な機能、取引が可能。)-->

次のページへ >> その他、沢山の金融商品
前のページへ >> ETFでリスク軽減

ネット証券会社一覧へ >> 証券会社一覧

ネット証券会社一覧

あたり前ですが株で勝つためには情報と取引ツールがとても重要です。利益を出している投資家の多くは平均4~5の証券会社に口座を持ち、無料で情報とサービスを利用しています。勝率98%と言われるIPO(新規株式公開株)当選確率アップの為にも複数の口座を持つことをお薦めします。ズバリお薦めはカブドットコム証券岩井証券リテラ・クレア証券です。続いてマネックス証券内藤証券もお薦めです。取引手数料で選ぶならカブドットコム証券岩井証券、信用取引ならリテラ・クレア証券。IPO、情報力、注文機能力ならマネックス証券、中国株なら内藤証券がおすすめです。迷ったらカブドットコム証券、岩井証券、リテラ・クレア証券の3つをセットで持っておくとあとあと後悔がありません。賢く証券会社を使い分けることで利益が出せる投資法が身につきます。資料請求・口座開設は無料ですので気軽に利用してみて下さい。

IPO、注文機能が充実!証券、先物、日経225もカブドットコム証券で決まり!
3ヶ月間、1日の約定30万円までなら取引手数料が無料!【岩井証券】
信用取引手数料が格安!中国株にも強い【内藤証券】
ネット証券で申込実績1位!IPO充実、多彩な注文方法!【マネックス証券】

人気のネット証券会社

カブドットコム証券
マネックス証券
FX比較サイト
手数料無料、スプレッド0銭でFXデビュー!
岩井証券イワイネット取引手数料格安 リテラクレア証券

サイト内検索

お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ネット証券口座開設 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. 運営.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。