ネット証券口座開設
ネット証券取引をはじめよう!当サイトではネット証券会社の口座開設、資料請求が無料でできます

ネット証券会社一覧

MENU

今月のお薦めネット証券会社

1日の約定代金30万円まで手数料無料!岩井証券

証券CFDオンライン口座開設

株式、株価指数の証拠金取引。レバレッジ運用も可能!

CFDオンライン口座開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット証券会社一覧

う - 証券(株式)用語集

[証券ブログのランキングは?]

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

迂回増資(うかいぞうし)
株式を発行するなどの直接的な方法ではなく、転換社債やワラント債の発行のように一定期間を経て資本金が増えるような増資の形態のことをいいます。

受取金利(うけとりきんり)
信用取引の売り方が受け取る金利を指します。信用取引で売りを行った場合、その売却代金は買い方への融資にまわされます。そこで、買い方が支払う融資金利の一部を売り方が受け取ることができるという仕組みになっています。

受渡(うけわたし)
売買約定を履行する日(普通取引なら4日目)】に売り方は現物を、買い方は代金を渡して取引を完了することをいいます。

薄商い(うすあきない)
出来高が少なく、売買が活発に行われていない状態をいいます。

生まれる(うまれる)
新規公開や増資権利落ちの後に、その株に初めて値段がつくことをいいます。また、そのときの値段のことを「生まれ値」といいます。

埋める(うめる)
株価が堅調で、権利落ち後に権利落ち前の水準まで株価が上昇したり、急激な株価上下動によってチャート上の不連続となった空白部分に株価がついてくることをいいます。

裏口上場(うらぐちじょうじょう)
未上場会社が経営不振の上場会社を買収、合併して上場会社になることです。

売り上がり(うりあがり)
相場が高値圏に入ったものの、株価の天井を予測しにくいことから、持株の全部を一度に売らず、株価が上昇するにつれて売り株数を増やしていくことをいいます。「買い下がり(ナンピン買い)】」の反対の意味です。

売り飽き(うりあき)
売り物が多いと相場は下げ歩調となりますが、売り人気が長く続けば下げ足が鈍ってきます。このように売りが一巡し相場が下がらなくなった状態を売り飽きといいます。「買い飽き」の反対の意味です。

売り安心(うりあんしん)
相場が下落して反発しそうもないぐらい市場の実勢が悪いときのことをいいます。信用取引で安心して売ることができるような状態であることからこのようにいいます。

売り方(うりかた)
カラ売りをしている投資家のことをいいます。

売りくずし(うりくずし)
売り方が悪材料をはやしたてて、売り物をどんと増やし、相場が簡単に立ち直らないよう下落させることです。「売りたたく」ともいいます。

売り越し(うりこし)
「買い越し」の反対の意味です。「買い越し」参照。

売り込み(うりこみ)
株価がある一定の水準を割り込むまで売ることをいいます。また、信用取引で空売りが多くなることも意味し、この場合には近い将来(6ヶ月以内)】に買い戻しが入り、相場が反騰する可能性もあります。

売り残(うりざん)
信用取引の売りにおいて、反対売買が行われず未決済となっている残株または残高(金額ベース)】のことです。信用売りでは、投資家は証券会社や証券金融会社などから株を借りているので借株残と呼ばれることもあります。

売り相場(うりそうば)
市場の大勢が売りに向かっており、その流れに呑み込まれ株価が下がらないうちに、見切り売りを行ったほうがよい相場状態をいいます。

売りたい強気(うりたいつよき)
本当は売り逃げたいのに、より有利に売れる場をつくるために意図的に強気な見方を示すことをいいます。これとは逆に「買いたい弱気」という言葉もあります。

売出し(うりだし)
不特定かつ多数の投資家に対し、均一の条件ですでに発行されている有価証券の売付の勧誘をすることをいいます。証券会社が引受けた有価証券を売出す場合などがこれに該当します。

売建(うりだて)
信用取引で新たに売付けることをいいます。売建玉というと、買い戻しや現渡によって決済されていないものをいいます。「買建」の反対の意味です。

売りつなぎ(うりつなぎ)
信用取引を使ったヘッジ手法です。何らかの理由で手持ちにしておきたい株の値下がりが予測される場合、信用取引でその株を売っておくことです。値下がりし保有株式の評価損が出ても信用取引で利ざやがとれるので、トータルでは損をしなくても済みます。

売り手市場(うりてしじょう)
売り方が買い方に比べて少なく、売り手の意思に支配されている市場のことをいいます。「買い手市場」の反対の意味です。

売り長(うりなが)
ある銘柄について売り人気が強いことをいいます。または信用取引において買い株数より売り株数のほうが多い状態をいいます。「買い長」、「下長」は、反対の意味です。

売り逃げ(うりにげ)
主に仕手株などの売買において買い方の仕手が人気を煽りながら買い玉を密かに転売して利益を得ようとすることをいいます。「売り抜け」と同じ意味です。

売り場(うりば)
保有している株を売るタイミングやチャンスをいいます。相場が天井圏にきて、高値警戒感が出てきたときや、投機化して急騰した局面など様々ですが、あらかじめ自分なりの法則を設けておくことが売り場を逃さないための一法です。

売り本尊(うりほんぞん)
売り方の主力、または黒幕になっている投資家のことを指します。「買い本尊」参照。

上ザヤ・下ザヤ(うわざや・したざや)
ある銘柄の株価が他の市場と相違している場合、高い値段の市場を上ザヤ、安い値段の市場を下ザヤと呼びます。例えば、大阪証券取引所より、東京証券取引所が高いとき、「東証が上ザヤだ」といった使い方をします。

上値(うわね)
ある時点の株価より高い値段のことです。例えば、株価が上昇しているので、一度買った価格よりも高い価格で買おうとすることを「上値を追う」といいます。

上放れ(うわっぱなれ)
横ばいあるいはボックス圏で推移していた株価が一気に上昇することをいいます。また、寄付値価格が前日の大引け値よりも一段高く寄ることなどをいいます。「下放れ」の反対の意味です。

運用報告書(うんようほうこくしょ)
投資信託の実際の運用内容、結果を示す報告書で、委託会社は受益者(投資家)】に各決算期末ごとに作成、交付することが義務付けられています(決算期が半年に満たないものは半年ごとの交付となります)】。運用報告書には、運用の経過や受益証券の基準価格、組入株式、組入公社債ごとの前期末および当期末の時価総額、それぞれの売買総数や売買総額などが記載されます。

[証券ブログのランキングは?]

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

ネット証券会社一覧

あたり前ですが株で勝つためには情報と取引ツールがとても重要です。利益を出している投資家の多くは平均4~5の証券会社に口座を持ち、無料で情報とサービスを利用しています。勝率98%と言われるIPO(新規株式公開株)当選確率アップの為にも複数の口座を持つことをお薦めします。ズバリお薦めはカブドットコム証券岩井証券リテラ・クレア証券です。続いてマネックス証券内藤証券もお薦めです。取引手数料で選ぶならカブドットコム証券岩井証券、信用取引ならリテラ・クレア証券。IPO、情報力、注文機能力ならマネックス証券、中国株なら内藤証券がおすすめです。迷ったらカブドットコム証券、岩井証券、リテラ・クレア証券の3つをセットで持っておくとあとあと後悔がありません。賢く証券会社を使い分けることで利益が出せる投資法が身につきます。資料請求・口座開設は無料ですので気軽に利用してみて下さい。

IPO、注文機能が充実!証券、先物、日経225もカブドットコム証券で決まり!
3ヶ月間、1日の約定30万円までなら取引手数料が無料!【岩井証券】
信用取引手数料が格安!中国株にも強い【内藤証券】
ネット証券で申込実績1位!IPO充実、多彩な注文方法!【マネックス証券】

人気のネット証券会社

カブドットコム証券
マネックス証券
FX比較サイト
手数料無料、スプレッド0銭でFXデビュー!
岩井証券イワイネット取引手数料格安 リテラクレア証券

サイト内検索

お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ネット証券口座開設 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. 運営.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。