ネット証券口座開設
ネット証券取引をはじめよう!当サイトではネット証券会社の口座開設、資料請求が無料でできます

ネット証券会社一覧

MENU

今月のお薦めネット証券会社

1日の約定代金30万円まで手数料無料!岩井証券

証券CFDオンライン口座開設

株式、株価指数の証拠金取引。レバレッジ運用も可能!

CFDオンライン口座開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット証券会社一覧

て - 証券(株式)用語集

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

[証券ブログのランキングは?]

出合い(であい)
売買が成立することをいい、「出合いがつく」というように使います。

出合い注文(であいちゅうもん)
売買が成立するまでの注文との意味から、週末まで有効な注文のことをいいます。

低位株(ていいかぶ)
「値がさ株」「中位株」に対する言葉で株価水準が低い銘柄をいいます。概して資本金が大きく、発行株式数の大きい大型株に多く見られます。

定額投資法(ていがくとうしほう)
ある銘柄に対して、常に買い付けた当初の投資総額を保つように投資する方法です。具体的には買い値から一定額あるいは一定率だけ株価が上昇したときには儲けの分を売り、逆に一定額あるいは一定率だけ株価が下落した場合には当初の投資総額と同じになるまで買い増しを行います。上がった株は下がり、下がった株は上がるという株価の習性を利用した逆張り戦略の一つです。

抵抗線(ていこうせん)
半年、あるいは1年ぐらいの間に、一定の範囲で株価が上下動を繰り返している銘柄がありますが、その上限を上値抵抗線、下限を下値抵抗線と呼びます。こうした傾向を知っていると、上放れ、下放れのタイミングをつかみ易くなります。

ディーラー
自らの計算と勘定で売買を行う証券会社で、他人の計算で売買を代行する「ブローカー」に対する業務をいいます。ほとんどの証券会社はディーラーとブローカーを兼営しています。

ディスクロージャー
企業内容の開示のことをいいます。投資家保護のため、発行会社の財務内容等の投資判断に必要な材料を公開するよう証券取引法および商法で義務づけられています。

ディストリビューター
公募増資を引受けた証券業者が、一般投資家に勧誘活動をすることなどを募集、買付申込みを受ける業務を売出といいます。この募集と売出を行うものをディストリビューターといいます。公募に限らず、新しく発行する有価証券すべての募集、売出業務が、証券取引法の免許業務となっています。

訂正相場(ていせいそうば)
一時的に上げすぎた、あるいは下げすぎた相場を実勢の水準に戻すような相場の動きをいいます。「訂正高」「訂正安」「上げすぎ訂正」「下げすぎ訂正」などといいます。

抵当証券(ていとうしょうけん)
土地や建物を担保に融資した債権や抵当権を小口に分割して一般投資家向けに販売する有価証券のこと。投資家には抵当証券売買約定書(モーゲージ証書)】が交付されます。購入単位は50万円または100万円、期間は1年物・3年物が主流になっています。半年ごとに自由金利を受け取る確定利付商品で、不動産担保の裏付があるため、安全性は高いとされています。ただし、抵当証券会社が倒産したり廃業した場合には、元利金の一部が返ってこないこともあり得るため抵当証券会社の選択には慎重になる必要があります。

手掛り(てがかり)
相場が動く契機となる材料のことをいいます。相場が不活発なときなどに、材料がないことを「手掛り難」といいます。

手堅い(てがたい)
堅実なやり方で売買する様子をいいます。

出来ず(できず)
商いが成立せず、株価が生まれないことをいい、「出来不申(できもうさず)】」などともいいます。

出来高(できだか)
証券取引所で売買が成立した株数のことをいいます。売りが1億株、買いが1億株で売買が成立すれば、出来高は1億株です。

出来値(できね)
取引所で売買が成立した値段をいいます。売買が成立しない場合の「気配」に対する言葉です。

手口(てぐち)
どの銘柄にどの業者がどれだけの売買を行ったかというような売買内容をいいます。「売り手口」「買い手口」などの言葉で用います。

テクニカル分析
株価や売買高、売買代金といったデータを対象に、その推移や方向・位置などを分析することによって将来の株価の強弱を予想する分析手法のことをいいます。

てこ入れ(てこいれ)
相場下落を人為的に食い止めたり(買い支え)】、持ち上げようとすることをいいます。

デジタル・オプション
バイナリー・オプションとも呼ばれ、原資産価格が満期日に上回る(コール・オプション)、ないしは下回る(プット・オプション)かにより、一定の支払いが行われるオプション。 マーケット・ファイヤーはこのデジタル・オプションを証券化したカバードワラントです。

手じまう(てじまう)
信用取引で売り建玉、または買い建玉を反対売買して決済することをいいます。

手揃い買い(てぞろいがい)
同一の銘柄を機関投資家などが一斉に買うことをいいます。

鉄砲(てっぽう)
株の売りないし買いの注文を出して、約定したにもかかわらず、株券や代金を証券会社にいれないことをいいます。証券会社が前金、前株などのルールを設けているのは、こうした悪質な詐欺行為に対する防御策のためです。

手詰まり(てづまり)
上げ相場において、銘柄、業種をかえながらの物色が一巡し、新たな買い材料が見当たらない状態をいいます。

出直り(でなおり)
相場が底値から上昇に向かうことをいいます。

手張り(てばり)
証券会社の社員が自分の資金と判断で株式の売買をすることをいいます。

手控え(てびかえ)
市場の先行きが不透明なとき、投資家が様子見を決め込み、売り買いも仕掛けてこないような状態をいいます。買い手控え、売り手控えなどいった使い方をします。

デリバティブ
株式、債券、為替などの現物価格に依存して価格が決定される商品のことです。金融派生商品とも呼ばれ、先物、フォワード、オプション、スワップなどがあります。デリバティブは手持ちの資金より大きな金額を投資できるため、ハイリスク・ハイリターンの面ばかりが強調されがちですが、リスク・ヘッジの有効な手段として機関投資家を中心に有効利用されています。

デルタ
原資産の値動きに対するワラントの価値の変化の割合のことをいいます。デルタが1または-1に近いほどワラント価格と株価との連動性が高くなり、逆に0に近いほど連動性は低くなります。

転換売り(てんかんうり)
転換社債の転換請求権を行使した場合、事務手続上、株券が届くまでに10日ほどかかります。その間、転換した株の値下がりリスクを回避するため、信用取引の売りをいれることを、転換売りといいます。

転換価格(てんかんかかく)
転換社債を株券に転換する場合の、1株当たりの払込価格をいいます。転換社債が発行される際に、時価よりやや高めに設定されます。市場価格が転換価格を上回ると、株式への転換が進むことになります。

転換社債(てんかんしゃさい)
よく、"CB"(Convertible Bond)】と略されます。一定の条件の下で株式に転換する権利のついた社債のことで、転換権を行使することにより株式となり、行使しなければ社債として満期日に償還されます。社債としての安全性と株式としての値上がり益が期待できる、投資家にとって妙味のある社債といえます。

電子交付(でんしこうふ)
以前は郵送による交付しか認められていなかった「取引報告書」「取引残高報告書」等の書面を、電子書面形式で交付することが可能になりました。これに伴い松井証券でも、「取引報告書」「取引残高報告書」等を電子書面で交付します。各種電子書面は、会員画面内で閲覧することが可能です。

天井(てんじょう)
ある一定期間における株価の一番高いところをいい、反対語は「底」といいます。また、天井で買うことを「天井つかみ」といい、さらに底値で売ることを「天井つかみ底たたき」といいます。

天井知らず(てんじょうしらず)
相場がどこまでも際限なく上がっていきそうな様子をいいます。

天井・大底の三山型(てんじょう・おおぞこのみやまがた)
上げ相場、下げ相場とも3つ目の山の先端が、それぞれ天井、大底になることが多いことを表した言葉です。罫線のパターンとして有名ですが、2山、あるいはV字型のケースもあり、常にこうなるとは限りません。

天井3日、底3年(てんじょうみっか、そこさんねん)
相場が高値にある期間は短く、底値の期間ははるかに長い、という経験則をあらわしています。株価をグラフ化してみても天井は三角形の頂点のような鋭角していることが多いものです。株価が急騰したときの早めの利食いをすすめる格言です。

店頭取扱有価証券(てんとうとりあつかいゆうかしょうけん)
有価証券報告書(総合意見が適正であるもの)】を継続的に提出している発行会社(有価証券届出書(総合意見が適正であるもの)】を提出している発行会社を含む)】、公認会計士又は監査法人により、証取法に準ずる監査が行われ、又は商法特例法に基づく監査若しくは準ずる監査が行われ、かつ、その総合意見が適正又は適法である旨の監査報告書が添付されている財務諸表等を会員が投資勧誘を行う際の説明用資料(会社内容説明書)】として利用できる発行会社の発行する株券、新株引受権証書、新株予約権証券及び新株予約権付社債券をいいます。

店頭売買有価証券(てんとうばいばいゆうかしょうけん)
日本法人が日本国内で発行する証券取引所に上場されていない株券、新株引受権証書、転換社債型新株予約権付社債券のうち、日本証券業協会が売買価格等の公表のため店頭売買有価証券登録原簿に登録したものをいいます。

店頭有価証券(てんとうゆうかしょうけん)
日本法人が日本国内で発行する証券取引所に上場されていない株券、新株引受権証書、新株予約権証券、新株予約権付社債券(店頭売買有価証券を除きます)】のことをいいます。

店内整理(てんないせいり)
投資家との受渡が滞り、未決済が発生した場合の、証券会社内における事後処理を指します。例えば、投資家が決済期限を守らなかった場合には立替金が発生しますが、投資信託の強引な販売から生じたケースなど、証券会社の営業姿勢が誘因となる場合もあります。

転売(てんばい)
信用取引でカラ買いをしていた投資家が、その建玉を反対売買によって決済することをいいます。

[証券ブログのランキングは?]

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

ネット証券会社一覧

あたり前ですが株で勝つためには情報と取引ツールがとても重要です。利益を出している投資家の多くは平均4~5の証券会社に口座を持ち、無料で情報とサービスを利用しています。勝率98%と言われるIPO(新規株式公開株)当選確率アップの為にも複数の口座を持つことをお薦めします。ズバリお薦めはカブドットコム証券岩井証券リテラ・クレア証券です。続いてマネックス証券内藤証券もお薦めです。取引手数料で選ぶならカブドットコム証券岩井証券、信用取引ならリテラ・クレア証券。IPO、情報力、注文機能力ならマネックス証券、中国株なら内藤証券がおすすめです。迷ったらカブドットコム証券、岩井証券、リテラ・クレア証券の3つをセットで持っておくとあとあと後悔がありません。賢く証券会社を使い分けることで利益が出せる投資法が身につきます。資料請求・口座開設は無料ですので気軽に利用してみて下さい。

IPO、注文機能が充実!証券、先物、日経225もカブドットコム証券で決まり!
3ヶ月間、1日の約定30万円までなら取引手数料が無料!【岩井証券】
信用取引手数料が格安!中国株にも強い【内藤証券】
ネット証券で申込実績1位!IPO充実、多彩な注文方法!【マネックス証券】

人気のネット証券会社

カブドットコム証券
マネックス証券
FX比較サイト
手数料無料、スプレッド0銭でFXデビュー!
岩井証券イワイネット取引手数料格安 リテラクレア証券

サイト内検索

お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ネット証券口座開設 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. 運営.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。