ネット証券口座開設
ネット証券取引をはじめよう!当サイトではネット証券会社の口座開設、資料請求が無料でできます

ネット証券会社一覧

MENU

今月のお薦めネット証券会社

1日の約定代金30万円まで手数料無料!岩井証券

証券CFDオンライン口座開設

株式、株価指数の証拠金取引。レバレッジ運用も可能!

CFDオンライン口座開設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット証券会社一覧

ほ - 証券(株式)用語集

[証券ブログのランキングは?]

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

棒上げ(ぼうあげ)
株価が1本調子で上がること、または急激に大幅高になることをいいます。反対に下がる場合を「棒下げ」といいます。

棒足(ぼうあし)
高値と安値だけでつくった棒グラフのことをいいます。チャート分析などで使います。

法人買い(売り)
金融機関や事業法人などは継続的に株式投資をしています。余裕資金は株式だけでなく、債券、特定金銭信託など多岐にわたります。

防戦買い(ぼうせんがい)
売り崩しや買い占めに対抗するために買い向かうことをいいます。これに対して買い煽りに対して売り向かうことを「防戦売り」といいます。

暴騰(ぼうとう)
急激に相場が上がることをいいます。暴騰の直後には反動安も多く注意が必要です。

崩落(ほうらく)
一度値が崩れて大幅に下がった後、値が戻る気配もなくどこまでもずるずると下がっていくことをいいます。

暴落(ぼうらく)
相場ないし、ある銘柄の株価が一気に大幅に下がることをいいます。

ポートフォリオ
資産の内訳という意味です。またポートフォリオ運用とはいくつかの銘柄に分散投資を行い、リスクとリターンの効率性を高めるために行われます。

保管振替機構
「証券保管振替機構」参照。

ぼける
それまでの上げ相場が一服して、もみ合いまたは小安くなる局面のことをいいます。

保険つなぎ(ほけんつなぎ)
「ヘッジ」参照。

保護預かり(ほごあずかり)
証券会社が投資家と契約を結んで有価証券の保管・事務管理をする制度のことです。有価証券の盗難や火災などの事故による損失を回避でき、証券会社に取引のつど株券を受渡する手間が省けます。

保護預かり料(ほごあずかりりょう)
口座管理料ともいいます。取引の有無に関わらず、1年単位で徴収されます。1,000円~5,000円と証券会社によって異なります。松井証券では、保護預かり料は頂戴しておりません。

募集・売出し業務(ぼしゅう・うりだしぎょうむ)
証券会社の主要四業務の一つで、有価証券の募集および売出しの取扱いを行う業務をさします。同じ発行市場関係の業務である引き受け業務とは違って、売れ残っても引き取りを行いません。証券会社は、発行者からの委託を受けて販売するだけで、証券会社がリスクを負うことはありません。

ボックス相場(ぼっくすそうば)
特に大きな好悪材料がなく一定期間、高値と安値の間をいったりきたりする相場の状態のことをいいます。往来相場、通い相場ともいわれます。

ボックスレート
松井証券の手数料体系のことをいいます。1日の約定代金の合計が一定範囲ならば、売買回数は無制限で定額料金になります。

ボラティリティ
株価の変動率(いかに株価が大きく動きやすいか)を指します。インプライド・ボラティリティとヒストリカル・ボラティリティがあります。ボラティリティが低いとは変動率が小さいことをいいます。逆にボラティリティが高い場合は株価の変動率が大きいことをいいます。ボラティリティが高い銘柄を対象としたカバードワラントの方が、ボラティリティが低い銘柄を対象としたものに比べて価値が大きくなります。また、ボラティリティが大きいほどオプション・プレミアム(オプション価格)は割高であると解釈することもできます。

ボラティリティ・サーフェス
満期日をX軸、行使価格をY軸、ボラティリティをZ軸とした3次元グラフのボラティリティの形状をいいます。いかなる行使価格と満期日の組み合わせでも、ボラティリティが均一である場合、このサーフェスはフラットとなります。

本源的価値
コール型の場合には原資産価格が権利行使価格以上になっている場合の超過部分、プット型の場合には原資産価格が権利行使価格以下になっている場合の差額部分のことをいいます。原資産価格に変化がなかった場合には本源的価値は変化しません。

ホット・マネー
短期間に大量に移動する浮動資金のことを指していいます。

本格反騰(ほんかくはんとう)
下げすぎの反動により高くなることを中間反騰といいますが、ファンダメンタルなものも加わって、完全に復調した相場を本格反騰といいます。どこまでが中間反騰でどこからが本格反騰か見極めるのは極めて難しいことになります。

ポンカス
分離型ワラント付社債の社債部分を「ポンカス」といいます。

ポンド・ショック
1967年11月19日に英国のポンドの切り下げが発表されたことにともなう株価暴落のことをいいます。

ボンヤリ
相場に活気がない状態、また小安い状態をいいます。

[証券ブログのランキングは?]

頭文字選択画面へ戻る ⇒ 戻る

ネット証券会社一覧

あたり前ですが株で勝つためには情報と取引ツールがとても重要です。利益を出している投資家の多くは平均4~5の証券会社に口座を持ち、無料で情報とサービスを利用しています。勝率98%と言われるIPO(新規株式公開株)当選確率アップの為にも複数の口座を持つことをお薦めします。ズバリお薦めはカブドットコム証券岩井証券リテラ・クレア証券です。続いてマネックス証券内藤証券もお薦めです。取引手数料で選ぶならカブドットコム証券岩井証券、信用取引ならリテラ・クレア証券。IPO、情報力、注文機能力ならマネックス証券、中国株なら内藤証券がおすすめです。迷ったらカブドットコム証券、岩井証券、リテラ・クレア証券の3つをセットで持っておくとあとあと後悔がありません。賢く証券会社を使い分けることで利益が出せる投資法が身につきます。資料請求・口座開設は無料ですので気軽に利用してみて下さい。

IPO、注文機能が充実!証券、先物、日経225もカブドットコム証券で決まり!
3ヶ月間、1日の約定30万円までなら取引手数料が無料!【岩井証券】
信用取引手数料が格安!中国株にも強い【内藤証券】
ネット証券で申込実績1位!IPO充実、多彩な注文方法!【マネックス証券】

人気のネット証券会社

カブドットコム証券
マネックス証券
FX比較サイト
手数料無料、スプレッド0銭でFXデビュー!
岩井証券イワイネット取引手数料格安 リテラクレア証券

サイト内検索

お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ネット証券口座開設 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. 運営.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。